診療案内

HOME / 診療案内 / 予防接種

予防接種

事前の接種でしっかり予防しましょう

予防接種イメージイラスト

当クリニックでは、インフルエンザ、肺炎球菌、帯状疱疹の予防接種を行っています。
予防接種を希望される方は、下記の受けたい予防接種の項目をご確認の上、事前にクリニックまでご連絡ください。

お願い 予防接種を受ける方は、事前にご連絡下さい

インフルエンザ

実施期間 10月~1月
接種対象 中学生以上

インフルエンザウイルスによって起こる感染症の予防や重症化を防ぐ予防接種です

平成29年度は、受付け方法が変更になります

 厚生労働省より「今年度(平成29年度)のインフルエンザワクチンの製造量が昨年より使用量を下回る」と公表されました。

 当クリニックでも例年並みの数量を確保できないため、今年度はインフルエンザワクチン摂取の予約を受付けることができなくなりました。

インフルエンザ予防接種をご希望の患者様は、なるべく早めに直接受付にお申し出くださるようお願いいたします

何卒ご理解ご協力のほど宜しくお願い致します。

注意事項
  • インフルエンザの予防接種を受けるには、直接受付までお申し出ください。
  • インフルエンザワクチンがなくなり次第、終了となります。

肺炎球菌

接種対象 65歳以上の方

成人がかかる肺炎の原因菌として、一番多いと言われているのが「肺炎球菌」です。 その「肺炎球菌」による肺炎などの感染症の予防や重症化を防ぐ予防接種です。

帯状疱疹 (たいじょうほうしん)

接種対象 50歳以上の方

水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスによって起こる、痛みをともなう皮膚湿疹「帯状疱疹」の予防や重症化を防ぐ予防接種です

注意事項
  • 帯状疱疹の予防接種を受けるには、事前の予約が必要です。
  • 次の方は、ワクチンの接種は受けられません。
    明らかに発熱している方 (体温が37.5℃以上)
    重い急性疾患にかかっていることが明らかな方
    水痘ワクチンの成分によって、アナフィラキシーを起こしたことがある方
    薬やワクチンによってアレルギーを起こしたことがある方はご相談ください
    先天性および後天性免疫不全状態の方
    例えば、急性および慢性白血病、リンパ腫、骨髄やリンパ系に影響を与えるその他疾患、HIV感染またはAIDSによる免疫抑制状態、細胞性免疫不全などによる免疫不全状態
    副腎皮質ステロイド剤や免疫抑制剤などの治療を受けており、明らかに免疫抑制状態の方
    妊娠していることが明らかな方
    その他、医師による予防接種を受けない方がよいと言われた方

予防接種のお問い合わせ・ご連絡

予防接種に関するお問い合わせ・ご連絡はこちらまでお願いします。