診療案内

HOME / 診療案内 / 経鼻内視鏡検査

経鼻内視鏡検査

内視鏡装置 写真

胃の病気の発見・治療には、「早め早め」の検査が重要です

当クリニックも最新の経鼻内視鏡を導入により、鼻からの内視鏡検査ができるようになりました。

鼻からの内視鏡(経鼻内視鏡)は、口からではなく鼻からカメラを入れることで、検査中に医師と会話ができるほど楽で安全な胃内視鏡検査です。

今後、胃内視鏡検査を考えられている方は、苦痛も少なく安心して受けられる経鼻内視鏡検査をされてはいかがでしょう?

お知らせ 内視鏡検査は、都合により現在休止中です。

経鼻内視鏡検査のメリット

苦痛が少ない 直径5.9mm(うどんくらいの太さ)の細くしなやかなスコープです。当クリニックの内視鏡は今までは直10mm近くありましたが、かなり細くなっています。
嘔吐感が起きにくい スコープが舌の付け根に触れないので嘔吐感がありません。
検査中に会話ができます 検査中に医師と同じ画像を見ながらリアルタイムで話すことができます。
検査前の注射がいらない 今までは検査前に胃の動きをおさえる鎮痙剤を注射していましたが、その必要はありません。
麻酔事故のリスクが少ない 鼻腔への麻酔ですので身体への負担が軽いです。