診療案内

HOME / 診療案内 / 頸動脈エコー検査

頸動脈エコー検査

血管の老化をチェックして、
   動脈硬化を予防しましょう

頸動脈エコー検査は、血管の壁の厚さを測ることで、動脈硬化を早い段階で見つけることができる検査方法です。

動脈硬化とは、文字の通り血液を運ぶ「動脈がかたくなってしまう」ことをいいます。血管は加齢による老化や高血圧・高血糖などの血管への負担により、硬くなったり柔軟性が損なわれていきます。また、さまざまな物質が沈着して血管が狭くなっていきます。これにより血液の流れがスムーズにいかなくなることが「動脈硬化」で、この状態が続くことは、いずれ生命に関わる心筋梗塞や脳梗塞のリスクにつながっていきます。

頸動脈エコー検査では、首に機器をあてることで容易に血管の壁(内膜と中膜)の厚さ(専門用語でIMTといいます)を計測することができ、血管の老化状態を把握することができます。

頸動脈の解説イラスト

IMTが1.1mmを越えると脳血管障害や心血管障害のリスクが高くなると考えられていますので、高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、喫煙など、動脈硬化の危険を抱えた方は、ぜひ一度、頸動脈エコーでIMTを測り、血管の老化をチェックしましょう。

お願い 頸動脈エコー検査は、事前のご予約が必要です。
ご利用を希望される方は、事前にご予約下さい

頸動脈エコー検査のお問い合わせ・ご予約

頸動脈エコー検査に関するお問い合わせ・ご予約はこちらまでお願いします。